豊かな自然を未来に。
Leave nature for the next generation.

 

 

 

 

 

 

MISSION

子どもの身近で無くなった、自然。

鳥の声、花の香り、動く虫。
自然の中で遊ぶ、それだけで、子どもは自然から
たくさんのことを感じとります。

例えば、五感。そして、感情・感性。

しかし、都市の緑地・小川はどんどん減り、
自然遊びは当たり前ではなくなりました。

 子どもにとって、自然の中で過ごすことはとてもいい影響があります。
子どもが自然の中で遊ぶ機会が減ることによって、何を失っているのでしょうか。

 私たちは、子どもが自然を身近に感じてもらえる「農林漁業体験」を企画しています

暮らしの自然。

甘い野菜、おいしい魚、木の机。
意外と自然は身近にあります。

暮らしを作る農林漁業を体験することは、
自然に触れること。

暮らしを支える自然を知ること。

日々の暮らしが楽しくなります。

日本の原風景が広がる、里山・里海。

そこに行くと、どこか懐かしく、心が安らぎ、人の温もりを感じるのは、きっと幼い頃にそんな体験をしたから。
里山・里海には、たくさんの生き物が生息し、人々の文化と暮らしが残っています。
そこは、ただ生産するだけの場所ではなく、子どもたちが五感で感じ、
自然・命を学ぶ場所。人々が集まり、交流し、地域の想いを継承する場所。
midicaは、そんな身近にある「想い」を、次の世代に残す取り組みをしています。

豊かな自然を子どもたちに。